« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

安田記念の俺の予想

「安田記念…つまんねえな〜」、
訳が分からん香港馬に遠征帰りで調子が掴めないダイワメジャーにもうすっかり短距離馬に変身したスズカフェニックスと有力馬が軒並み半信半疑なんだから手が出しづらい、
かと言って来ないわけじゃないから余計に厄介だ、
JCもそうだが外国馬の出るレースでの勝負はリスクがデカすぎる、
ここはやはり『ケン』が妥当だね、
今週はユニコーンSのアルヴィスしか買い目はないな。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月28日 (月)

今週はつまらない

安田記念の登録馬を見たけどハッキリ言って「何も浮かばない」、
これはつまらないレースだね、
今週は買ってもユニコーンSのアルヴィスくらいだな、
ダービーを取った同じ角居厩舎のウォッカより能力的には上なんで今週はアルヴィスの走りに注目だ。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2007年5月27日 (日)

目黒記念の俺の結論

もう◎ローズプレステージ頭で鉄板だな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ダービー&目黒記念の俺の結論

さあいよいよダービー&目黒記念だ、

まずはダービーからだが金曜未明に降った雨の影響はあまりなく昨日の競馬を見ても内から来る馬が伸びてるので馬場状態は最高で正に力勝負になるだろう、
今年のダービーの俺のファイナルアンサー

◎ヴィクトリー
○アドマイヤオーラ
▲アサクサキングス
△ヒラボクロイヤル
△フィニステール
△ウォッカ
△サンツェッペリン
△フサイチホウオー

ヴィクトリーの二冠はやはり濃厚だよ、
掛かりながら押し切った皐月賞は圧巻の一語、逃げ馬は道中不利もなければコースロスもない、 距離に不安もないし勝負強いブライアンズタイム産駒、SS産駒がいなくなって初めてのダービーはBT産駒が勝つな、
○はアドマイヤオーラ、武豊から岩田康成への騎手変更に近藤オーナーの勝利への執念を感じる、
タスカータソルテというお手馬がいたのにも関わらずこっちに乗ってきた岩田も去年フサイチジャンクで惨敗してるだけに今回期するものがあるだろう、皐月賞ではフサイチホウオーと並ぶ最速上がりをマークしてるように切れ味は極上品、
今回すぐ外にフサイチホウオーがいるだけにフサイチホウオーより前でレースを運ぶのは明白で位置どりやスパートのタイミングなど全てにおいてフサイチホウオーより有利、
今回少なくともフサイチホウオーには負けない、

そして最大の惑星は▲アサクサキングスだ、
皐月賞は久々のレースで中身ができてなかった、NHKマイルは内枠の上雨が降って外が伸びる馬場に泣かされたと敗因がハッキリしている、
ラジオNIKKEI賞もフサイチホウオーがよれた不利を受けたもので参考外、
この3戦を度外視すれば3戦3勝のパーフェクト、東京コースは2戦2勝とドル箱だ、 『アサクサ』と言えば田原オーナー、そのオーナー亡き後夫人の慶子さんがオーナーを引き継いでいる、
ヴィクトリーのオーナーも近藤利一氏の夫人の英子さん、大オーナーの夫人同士の馬の決着は十分あるよ、
以下青葉賞馬のヒラボクロイヤル、同3着のフィニステール、牝馬ながら時計は足りてるウォッカ、
皐月賞2着のサンツェッペリン、
フサイチホウオーは本当に押さえ程度だね、
馬券は近藤夫婦の馬が軸で
▲△△△△△へ3連複6点買い、
さらに◎ヴィクトリー1着▲アサクサキングス2着固定で3着に○△△△△△の3連単も買う、
さらにさらに◎ヴィクトリー1着○アドマイヤオーラ3着固定で2着に▲△△△△△の3連単も買う、
これが俺のダービーの結論だ、
目黒記念は後ほど…

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年5月25日 (金)

ダービー&目黒記念の俺の予想

枠順が確定して昨日よりテンションが上がってきたけど今一つ冴えない今年のダービー、
馬券は買うだろうが比重という点では目黒記念の方が上だ、
今日時点でのダービーの予想は
◎ヴィクトリー
○フサイチホウオー
△ヒラボクロイヤル
△ナムラマース
△サンツェッペリン
△フィニステール
△トーセンマーチとする、
この雨は今日だけでまた明日から晴天が続くというが内が荒れてる今の東京の馬場を考えるとさらに外が有利になる、単純にゴールに一番近い馬は逃げ馬だし馬場のいい所を選んで走れるのも逃げ馬だ、今のヴィクトリーなら掛かっても押し切れる力はある、
やはり二冠濃厚だね、相手はこれも外を引いたフサイチホウオーでもう仕方ない、
キンカメでダービーを勝ってるアンカツはダービーの勝ち方を知っている、
この枠なら伸びる外を走れるんで不安はない、
ヴィクトリーの二冠阻止の最有力はこの馬だよ、
軸はこの2頭でいいでしょう、
この2頭から流す馬は青葉賞勝ちの△ヒラボクロイヤル、同2着のトーセンマーチ、同3着のフィニステール、皐月賞2着のサンツェッペリン、復活成るか△ナムラマースまでだ、
ダービーを買うならこれだな、
俺の本命の目黒記念は
◎ローズプレステージ
○ココナッツパンチ
▲アドマイヤモナーク
△ダディーズドリーム
△アドマイヤタイトル
とにかく◎ローズプレステージは鉄板なんで勝負は目黒記念です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年5月24日 (木)

ダービー&目黒記念の俺の予想

「勝負はダービーか目黒記念か?」
今週はこの1点に尽きる、
馬券的に妙味があるのは無論目黒記念だ、
裸同然の49キロで「勝って下さい」のローズプレステージが人気がないんで3連単もローズプレステージ1着固定でイケる、
前走完璧に乗った秋山は49キロに体重を落とせないので今回は上村に乗り替わるが小牧以外なら大丈夫だ、
同じ橋口厩舎のペールギュントをスプリント戦で覚醒させたジョッキーだけに頼もしい、3歳最強の実力を万人に見せてやってくれ、
ローズプレステージの目黒記念参戦で一気に興味が削がれたダービーはもうどうでもいいや、
こんなにワクワクしないダービーなんて競馬を始めて21年で初めてだよ、
まっ1強のローズプレステージがいない『低レベルのダービー』じゃ無理ないか。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年5月23日 (水)

ダービー&目黒記念の俺の予想

『現3歳最強馬』のローズプレステージは万が一ダービーに出れない場合目黒記念に回るという、
その目黒記念のローズプレステージのハンデは有り得ない49キロ、
これはいくら相手が古馬とはいえ「勝って下さい」と言ってるようなもの、ダービー馬の称号も捨てがたいがタダもらいの目黒記念でもいいや、
というわけで今週の俺はローズプレステージが出る方で勝負したい、
まっ9割目黒記念出走なんで目黒記念勝負が濃厚だよ、

目黒記念の俺の予想は
◎ローズプレステージ
○チャクラ
▲ポップロック
△ココナッツパンチ

『今年の3歳世代は強い』、これは間違いないとこなんでその3歳世代最強馬のローズプレステージが裸同然の49キロなら何馬身離して勝つかだけが焦点だね、
○チャクラが今回は54キロと恵量なのがいい、「昔の名前」のチャクラが久々に好走するよ、
後は実績でポップロックだけど去年は54キロで今年が58.5キロ、
少し見込まれた感は否めないだけに伸びあぐねるシーンは十分あるな、
目黒記念はこんなとこ、
ダービーはローズプレステージがいないだけに『戦国ダービー』の様相だけどそんなに荒れないんじゃない?
今日の俺の予想は
◎ヴィクトリー
○タスカータソルテ
▲ヒラボクロイヤル
△フライングアップル
△フサイチホウオー

やっぱフサイチホウオーには全幅の信頼を置けないよ、
ヴィクトリーの二冠が濃厚と見たね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月21日 (月)

ダービーの俺の予想

さあ、いよいよダービー、
競走馬に故障は付き物だが今年の牡馬陣はトーセンキャプテンが脱落した以外トップグループの馬達は無事ダービーを迎えられそうなのでハイレベルなレースが期待でき楽しみだよ、
まずは一にも二にも後2頭賞金上位馬の回避が必要で、
そこで始めてローズプレステージが脚光を浴びる、
橋口調教師の管理馬連続ダービー出走の記録もそうだがローズプレステージ自身のためにも是非出てもらいたい、
枠順確定は木曜、
先週のオークスのダイワスカーレットみたいに急遽回避する馬もいるし出走メンバーはまだまだ分からないんで奇跡を信じ朗報を待つ、
今日の俺の予想は
◎ローズプレステージ
○ヴィクトリー
▲ヒラボクロイヤル
△タスカータソルテ
△フサイチホウオー

今回1番人気が見込まれるフサイチホウオーだけど俺は全幅の信頼はとてもじゃないけど置けない、
連勝が止まった馬がまた再び勝ち上がるというのはよほど力がないと苦しい、
フサイチホウオーにその実力があるとは思えないし△が妥当だね、
◎ローズプレステージはこの程度のメンバーなら力が二枚抜けてるんで勝って当たり前の存在、まずはゲートインが目標だ、
○ヴィクトリーは正直強いよ
掛かりぎみに逃げて粘った若葉S、
最後の直線サンツェッペリンを差し返した皐月賞、
この2レースがヴィクトリーの強さを雄弁に物語っている、
ローズプレステージには歯がたたないけどローズプレステージが出れなかった場合ヴィクトリーの二冠は濃厚だな、
▲ヒラボクロイヤルにはハイアーゲームがダブる、
この距離このコースで重賞を勝ってるのはヒラボクロイヤルだけ、
カワカミプリンセスでヤってしまった幸四郎がこの大一番で汚名返上と行きたい所だろう、
一番怖いのは当然タスカータソルテ、
アドマイヤオーラをクビになった豊が逆襲に燃えている、新たにコンビを組むこの馬は展開の利があったにせよ前走でローズプレステージを負かした大金星が光る、
豊はアドマイヤオーラだけには負けたくないはずだし事実負けない、
アドマイヤオーラを買うならタスカータソルテに行くのは極自然な流れだ、
ローズプレステージがでればローズプレステージの『1強ダービー』、出れなかったら『大戦国ダービー』、
これが俺の今年のダービーの見方だね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月18日 (金)

ただのクソレース

ダイワスカーレットの回避で一気にレースのレベルが下がった今年のオークス、
ベッラレイアで絶対ってわけじゃないから馬券的には波乱の要素十分なんで面白いけどなんせレベルが低い、
このレースは『見るレース』に認定だね、しかしオークスは賞金400万の馬が4頭も出れるのにダービーは1500万持ってる『現3歳最強馬』のローズプレステージが補欠2番手なんだから狭き門だね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月17日 (木)

オークスの俺の予想

ローズプレステージ悲願のダービー出走へ少なくともあと2頭の賞金上位馬の回避が必要だ、
ゲートインできれば必ずダービー馬になるだけに賞金上位馬の回避を願いたい、特に明らかに距離が長く冷やかしで出て来るアサクサキングス・ローレルゲレイロ・マイネルフォーグなんかは出て欲しくないね、
話をオークスに戻す、
ダイワスカーレットはレースで行きたがるのかどうか?
これがこの馬を1着と見るか2着と見るかの焦点だけど昨日の追い切りを見る限り暴走する可能性は95%以上と判断できる、
馬の後ろで我慢させる目的の追い切りだったがレースはダイワスカーレットが行く気を見せなきゃスローになるのは確実、
自らスローペースを誘発して自爆の暴走という展開が目に見える、
最初から「逃げてもいい」くらいにこの馬のスピードを信頼すればこの相手なら楽々勝てるものを折り合いに専念するんじゃ最後あと1ハロンで止まるよ、やっぱダイワスカーレット2着が妥当だね、
今日の俺の予想は
1着ベッラレイア・カタマチボタン・ミンティエアー
2着ダイワスカーレット
3着ベッラレイア・カタマチボタン・ミンティエアー・アマノチェリーラン・ザレマ・ピンクカメオ・ハロースピード・ローブデコルテ・アルティマトゥーレ・マイネルーチェとする、
当日この通り買えば30点買いだけどリターンはかなりデカい、最大の惑星はアマノチェリーランと見てるんでこれが来るとビッグな配当になるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月16日 (水)

天才もクビになるんだ

2007051600000001kibahorseview000  日本ダービー、タスカータソルテに武豊騎手

京都新聞杯(GII)の覇者で、27日に行われる日本ダービー(3歳牡牝、GI・芝2400m)に出走を予定しているタスカータソルテ(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)が、武豊騎手と新コンビを組むことが16日わかった。

 なお、皐月賞(GI)で武豊騎手が騎乗して4着だったアドマイヤオーラ(牡3、栗東・松田博資厩舎)には馬主サイドの意向から、京都新聞杯でタスカータソルテに騎乗していた岩田康誠騎手が騎乗する予定となっている。
            武豊の日記は  こちら

武豊もいきなりクビ勧告を受けるんだね、
馬に乗る騎手ってその馬を持ってるオーナーに以来されるんでオーナーが「お前クビ」って言ったらあっけなくクビになるんだよね、
実に厳しい世界だけど ”天才 武豊”には無縁のものだと思ってたよ、
ダービーまであと2週間俺のアドレナリンも今から出まくってます、ダービーはクビになった武が逆襲に出るタスカータソルテから買うか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月15日 (火)

オークスの俺の予想

いきなり結論に入る、
1着ベッラレイア
2着ダイワスカーレット
3着カタマチボタン・トウカイオスカー
の3連単2点予想、
とにかく今回のオークスはG1とはとても呼べない質の低いレース、
しかし『間違いなく2着になるダイワスカーレット』がいるんで馬券的見地から見れば面白いレースと言える、
何故ならダイワスカーレットは一本人気確実なだけに2着確定となると3連単は爆発するからだ、
さすがにNHKマイルCやヴィクトリアマイルのようには炸裂しないが10万馬券くらいなら十分期待できるね、
ダイワスカーレット2着の理由は
「距離のカベ」
「先行脚質ゆえにゴール前何かに差される」
「他馬は気楽に一発を狙える立場にあり何かがハマる可能性がある」、以上の点からダイワスカーレット2着、
自然な流れでの結論だ、
今週の俺の作業は『ダイワスカーレット2着の1着3着馬の予想』これに尽きるね。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年5月13日 (日)

ヴィクトリアマイルの俺の予想

6ヶ月ぶりの実戦のカワカミプリンセスは来るのか?
これが最大の焦点だろうが俺は『来ても2着、負ければ大敗』と見ている、
スイープトウショウは『来れば頭、来なければ5着』と勝たなければ馬券対象にもなれないと見てる、
そこで本命は「必ず3着以内に入る馬」にしたい、
ヴィクトリアマイルのファイナルアンサー
◎ディアデラノビア
○フサイチパンドラ
▲カワカミプリンセス
△スイープトウショウ
△デアリングハート
◎ディアデラノビアはこのレースを目標としたローテと前走で余力を残したことがいい、今回は弾けること間違いないけど今の府中は外が伸びるんでこの内枠から外へ出すロスを考えると今年も3着かと思わざるを得ない、
それでもキッチリ馬券対象圏内に入ってくる馬だ、
信頼度とということで言うならこの馬が一番だよ、
○フサイチパンドラもここを目標として前走マイルを使ったことが今回必ず生きる、
東京コースに実績もありレース展開や位置どりに注文がつなかいんでこういった混戦に強いタイプだね、
人気もないし福永ならこの馬のいい所を出してくれるだろう、
▲カワカミプリンセスは前述した通り大敗も有り得るんで全幅の信頼は置けない、
△スイープトウショウも同様、
この馬の不安点は2走ボケだけだ、常識で考えれば今回かなりの確率で2走ボケなんで軸には推せないね、
◎○が来てカワカミプリンセスもスイープトウショウも沈んだ場合浮上してくるのが△デアリングハート、 東京コースはNHKマイルC2着に府中牝馬S勝ちと走っているので不安はない、
ジョリーダンスではなくこちらを選んだ藤田の騎乗が心強い、
SS産駒特有の切れ味を見せてくれるね、
馬券は◎ディアデラノビア○フサイチパンドラ軸で▲△△へ3連複を3点買い、
さらに1着に○フサイチパンドラ、2着に▲△△の3頭、3着に◎ディアデラノビアの3連単3点も買う、
そろそろ結果が欲しいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月12日 (土)

今日は様子見

明日のヴィクトリアマイルに向け今日は勝負と行きたい所だが明日の資金は明日に回すとして今日は予想だけしてみる、
狙いは京都10レースの葵Sと東京メインの京王杯SCだ、
まずは葵Sのファイナルアンサー
◎アルヴィスからワイド総流し、
これである、
今回のアルヴィスは芝でもやれる、
ワンペースの競馬しかできないが川田も感触は掴んでることだろう、前走のような好位ヅケではなく今回は思い切って後ろから行って欲しい、そうすれば終いは必ず斬れる、この程度のメンバーなら3着以内に入るどころか頭まで突き抜けるかも知れない、万全を期してワイド総流しにする、

変わって京王杯SCのファイナルアンサー
◎インセンティブガイ
○グランリーオ
▲エイシンドーバー
△フサイチリシャール
△アポロノサトリ

ここは各馬人気ほど実力に差はなく10回走れば勝ち馬が全部違うと言ってもいいくらいに伯仲している、ならばいい頃の状態に戻った◎インセンティブガイで行ける、
集中力を欠かさなければ能力はここでも十分通用するんで行ける、
○グランリーオは何と言ってもこのコースのレコードホルダー、今回そのレコードを出した時の状態に戻ってるとあらば一発穴を開けるよ、
今回は先に行く馬が少ないんで単騎の逃げが打てるのも魅力だ、

以下輸送減りがなければの▲エイシンドーバー、
遠征帰りで体調が分からないが実力NO.1の△フサイチリシャール
この距離・コースを得意としてる△アポロノサトリを押さえる、
俺は今日馬券を買わないけど「買わない奴の予想は当たる」よ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月10日 (木)

あの快速娘が・・・

             

   桜花賞馬キョウエイマーチが死亡

2007051000000004kibahorseview000 9日午後9時、北海道安平町のノーザンファームで繋養されていた97年桜花賞馬キョウエイマーチ(牝13)が、出産時における大腸変位のため死亡したことがわかった。

 キョウエイマーチは父ダンシングブレーヴ、母インターシャルマン(その父ブレイヴェストローマン)という血統。96年11月にデビューし、97年4歳牝馬特別・西(GII)で重賞初制覇を果たすと、続く桜花賞(GI)もメジロドーベルに4馬身差をつけ圧勝。その後も97年ローズS(GII)、99年阪急杯(GIII)、00年京都金杯(GIII)を制し、97年秋華賞(GI)2着、97年マイルCS(GI)2着、99年南部杯(交流GI)2着などGI戦線でも活躍。00年マイラーズC(GII)6着を最後に引退した。通算成績28戦8勝(うち地方2戦0勝、重賞5勝)。

 01年に繁殖入り。初仔のヴィートマルシェ(牝5、美浦・小島太厩舎フレンチデピュティ)が1勝を挙げており、2番仔ヴィートヴァンクル(牡4、父ブライアンズタイム)は現在、大井・赤間清松厩舎に所属し未勝利。1歳にスペシャルウィーク産駒の牡馬、8日に生まれた当歳にネオユニヴァース産駒の牡馬がいる。

| | コメント (31) | トラックバック (9)

2007年5月 9日 (水)

ヴィクトリアマイルの俺の予想

ダービー参戦が有力視されていたオースミダイドウが一転ダービー回避濃厚な状況になってきた、
ローズプレステージより賞金上位の馬の回避は願ったりだ、
だが勝つ可能性がゼロのゴールドアグリが回避しないのがもどかしい、
ローズプレステージのダービー出走まであと4頭の賞金上位馬の回避が必要不可欠、奇跡のゲートインへ向けまずはオースミダイドウの脱落を喜ぼう、
話をヴィクトリアマイルに戻す、
昨日はカワカミプリンセスの不安要素を挙げたが今日は2番人気のスイープトウショウの不安点を挙げてみる、この馬は一にも二にも気性難、
そして『2番が効かない』ということ、
過去安田記念・宝塚記念と2走続けて好走したのは安田記念前に都大路Sを一叩きしていた、
逆に久々を好走した場合京都大賞典2着〜秋の天皇賞敗退と好走した反動が出るみたいだ、
今回も有馬記念以来久々だったマイラーズC2着と走ってしまったことで2走ボケの懸念が残る、
歳を重ねたことにより切れ味に陰りが見えてきたのは否めない、
考えようによってはカワカミプリンセスより危険な人気馬かも知れず過信は禁物か…
今日現在の俺の予想は
◎ディアデラノビア
○フサイチパンドラ
▲カワカミプリンセス
△デアリングハート
△スイープトウショウ
とする、
人気2頭に多少なりとも死角がある以上第三の馬がクローズアップされる、
有力馬で最も死角が少ないのが◎ディアデラノビア、
前走敗退は明らかな距離不足、しかもここ目標の叩き台というのが伝わって来る、
この日同厩舎のハットトリックが引退した、
角居厩舎の屋台骨となったのがこのディアデラノビア、
去年のこのレースの1〜3着は全てSS産駒だったことを考えると東京マイルはSS産駒にとって瞬発力を爆発させるには最高の舞台と言える、
去年同様3着以内には必ず入るよ、

○フサイチパンドラも血統だけなら楽勝しても不思議じゃない超良血、実績ある東京コースに加え前走でマイルの流れを経験したのは強み、牝馬同士なら差はないな、
▲カワカミプリンセスは敬意を表してのもの、
△デアリングハートの方が怖いよ、
一抹の不安がある2強より安定感あるSS産駒が狙いです。

| | コメント (1) | トラックバック (8)

2007年5月 8日 (火)

ヴィクトリアマイルの俺の予想

今回で2回目を迎えるヴィクトリアマイル、去年1回だけのデータではこのレースの傾向が分からない、
その去年はダンスインザムード・エアメサイア・ディアデラノビアと決まったが1・2着馬はG1ホースで3着馬も入れ3頭とも東京コースに実績があったという点は重視したい、
馬の格で言えばスイープトウショウとカワカミプリンセスが抜けている、
カワカミプリンセスはオークス優勝、スイープトウショウは安田記念2着と東京コースに実績もある、普通に考えたらこの2頭の一騎打ちなんだろうがそれでは面白くない、と言うより『カワカミプリンセスは来るのか?』という不安の方が大きいね、今回6ヶ月ぶりの実戦、初めてのマイル戦、降着になった前走の馬の精神的ダメージ、
本田から幸四郎への乗り替わりと突き詰めれば不安要素満載だ、
ここも人気になるだけに絶好の消し時とも言える、
これだけの牝馬に▲や△など打つのは失礼、◎以外なら消さないといけない、
今日現在の俺の予想は
◎スイープトウショウ
○ディアデラノビア
▲デアリングハート
△フサイチパンドラ
先週同様東京コースに実績のある馬を狙いたい、
◎スイープトウショウは文句なし、○デアリングハートも去年の3着馬なら資格十分、
▲デアリングハートはNHKマイルC2着があり△フサイチパンドラもオークス2着がある、
カワカミプリンセスが消えればそこそこつくっしょ、
先週のリベンジを果たすよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月 7日 (月)

昨日を振り返る

17番人気ピンクカメオに◎を打った快心の予想をし、正に『神様の子供』を証明したけど馬券は外れてしまった、
しかし今回は17番人気のピンクカメオに◎を打った快感だけが残り悔しさはあまりない、
それは俺は馬連馬単なんぞという馬券はもともと視野にはなく買うならワイドか3連複か3連単しかないから今回◎ピンクカメオからワイド流しに行ってたらローレルゲレイロとのワイド7840円は取ってたがムラマサノヨートーとのワイド58890円は抜けている、
ワイドで行ったらよりによって一番美味しくない馬券を取って一番美味しい馬券を取り漏らす最悪の結末が待っていた、
そしてもし仮にローレルゲレイロを○にして◎ピンクカメオとの軸で3連複を買っていたらやはりムラマサノヨートーは抜けていて1221770円を取り漏らし今頃自殺していただろう、
今回ムラマサノヨートーが来た時点でどう足掻いても取れなかったがローレルゲレイロは最後の最後まで△を打つか無印かで迷ってた馬、
ワイド勝負に行ってても買ってたかどうか…
まっ今回は神の予想が冴え渡ったという満足だけが残りました、今週のヴィクトリアマイルもこの調子で行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月 6日 (日)

NHKマイルCの俺の予想

昨日の京都新聞杯のローズプレステージは強さを証明するには十分な内容だったが2着じゃダービーに出られないんで残念だよ、
賞金上位馬の回避に奇跡を託すしかないな、
気持ちを切り替え今日のNHKマイルCに立ち向かう、
折からの雨で馬場状態が微妙だが少なくとも時計勝負にはならないだろう、外の馬が有利だと思うな、
NHKマイルCのファイナルアンサー
◎ピンクカメオ
○ハイソサエティー
▲シャドウストライプ
△アサクサキングス
△マイネルシーガル
△マイネルレーニア
△マイネルフォーグ
△ダノンムロー
△ダイレクトキャッチ
△ローレルゲレイロ
混戦を断つのはズバリピンクカメオ!
左回りの芝は2戦2連対と得意としていて東京にも実績がある、
加えてこの馬は一走おきに勝つ法則があって今回は勝つ番だ、
ブラックホークの妹でもあり鞍上はウチパク、
馬場のいいとこを通って伸びて来るよ、
○ハイソサエティーは前走の勝ちっぷりが圧巻、東京マイルに勝ち星もあり昨日の競馬で降着処分を受け来週からしばらく騎乗できない柴山がその分も含め燃える手綱捌きを見せるだろう、
潜在能力は相当だよ、
▲シャドウストライプ、この馬にとってこの雨は正に恵みの雨、
馬場のいい外を通れるのもいい、
前走で芝でもやれるということを証明した、
この雨を歓喜の雨に変えるよ、
馬券は◎○、◎▲、○▲の3本軸から△へ流す3連複勝負、混戦模様に加えこの雨で波乱に輪をかけたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

今日の俺の予想

やはり狙いは京都新聞杯とプリンシパルSの2レースになる、
しかしこと馬券となると話は別でこの2レースの勝ち馬はローズプレステージとビンチェロと決まってるけど相手がドングリの背比べの低調なメンバーなんで今日は馬券は買わずにローズプレステージとビンチェロの勝ちっぷりを見ることにするよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

今日の俺の予想

各レースの出馬表が確定した、
京都新聞杯の◎ローズプレステージも無抽選で出走できプリンシパルSのビンチェロ共々ダービーの出走が確実なものになった、
ローズプレステージは放牧から帰ってきた復帰戦は苦手としてる小回り福島に加え太め残りの6キロ増と惨敗も致し方なかったが今回一叩きされ気合いも乗り体も絞れた上に得意としてる京都外回りコースに替わると状況は一変している、
ここで重賞初制覇して勢いそのままにダービーもブッこ抜くよ、
プリンシパルSの◎ビンチェロももっかの充実ぶりは目を見張るものがあるし相手も弱い、
皐月賞惨敗組あたりとは力が違うんでここは無難に勝つだろう、
ダービーまでにもうちょい気性が成長すればダービーではひょっとしたらローズプレステージを逆転できるかもしれない、
『現3歳最強馬』のローズプレステージに唯一肉薄できる力量の持ち主だけにここは勝ち方が問われる一戦だね、
NHKマイルCは俺が「抽選を突破してくれば血統的に一番怖い」と見ていたダノンムローが出て来た、しかも鞍上は武豊で…
最大の惑星と見てた馬が天才を確保したことで人気が二割増しになったよ、このレースは益々混沌としてきたな。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月 3日 (木)

今日の俺の予想

京都新聞杯の◎ローズプレステージとプリンシパルSの◎ビンチェロが併せ馬で併入して抜群の動きを披露した、
橋口師の9年連続ダービー出走の記録に向け万全の体勢を整えた、
京都外回りは滅法走るローズプレステージに距離が伸びてさらに味が出るビンチェロ、
共にレースが楽しみだよ、
NHKマイルCはやっぱり微妙だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

今週の俺の予想

昨日は今年のダービー1・2着馬のローズプレステージとビンチェロについて触れたので今日はNHKマイルCについて触れることにする、このレースは飛び抜けた馬がいない大混戦模様ゆえ馬券的妙味は十分だが過去の連対馬から探るにしても血統から見るにしてもいまいち信頼に足る馬が見当たらない、
ただ過去10年でレース感覚が空いた馬は3着にも入ってないので穴人気になってるオースミダイドウやゴールドアグリ、さらに共同通信杯以来のダイレクトキャッチが消せる、そもそもオースミダイドウやゴールドアグリは賞金的にすでにダービーへ出られるためここは叩き台と見るのが正解だ、やはり狙いはマイルのここをメイチで狙ってきた馬ということになる、
NHKマイルCの俺の予想は
◎アサクサキングス
○マイネルシーガル
▲ピンクカメオ
△マイネルレーニア

◎アサクサキングスは東京コース2戦2勝に加え母の全兄はジェニュイン、東京マイルはベストの条件と言える、ダービーも視野に入ってるということだがここが勝負なのは言うまでもない、幸四郎はダービーではヒラボクロイヤルがいるのでアサクサキングスはこのレースを勝てば用無しになるんでアサクサキングスを壊してもいいくらいに追うだろう、
先を考えない幸四郎の非情なる騎乗で激走するよ、
○マイネルシーガルは新種牡馬の中にあって今一つパッとしないゼンノエルシド産駒だが母系がとにかく優秀で父のパンチ不足を補うには有り余る、
距離もマイルはベストだし突き抜けていいよ、
ピンクカメオはなんと言ってもブラックホークの妹、
東京マイルにも実績があるし後は牡馬との力関係だけだけど今年の牡馬なら何とかなるしマイルまでならスピードの絶対値でねじ伏せられる、
桜花賞の惨敗は致し方なしで東京マイルで復活だ、
後血統は上質のマイネルレーニア、NZT4才Sは中山でのもの、得意の左回りに変われば一変するよ、
松岡君も魅力だしやはり今年のメンバーなら勝ち負けできるな、
多分オッズは割れるんでそこそこ良い配当が望める、
京都新聞杯の◎ローズプレステージは人気があまりないから妙味があるけどプリンシパルSのビンチェロは人気になるんで勝負を京都新聞杯とNHKマイルCの2レースにするかもしれない、
的中できる確率と期待配当値を吟味して勝負レースを決めたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年5月 1日 (火)

今週の俺の予想

先週の天皇賞、◎メイショウサムソン△エリモエクスパイアでズバリ予想は的中するも何故か馬券は買ってない…
2番人気と11番人気の組み合わせだけに歯ぎしりする思いを味わった、
しかし1番人気のアイポッパー3番人気のデルタブルースを敢然と無印にしたのは『流石神の子』と唸る予想なので先週は先週、
気持ちを切り換えて今週の予想に集中する、
まずパッと見て今週興味があるのはNHKマイルC・京都新聞杯・プリンシパルSの3レースだ、
まずNHKマイルCだが狙っていたマイネルシーガルが思いのほか人気になってるんで狙いが立たなくなってしまった、これならば矛先を京都新聞杯とプリンシパルSに向ける、
まずこの両レースにはここでダービーの権利を取って本番でも掲示板の上位に名を連ねる馬がいるのが興味深い、
京都新聞杯では現時点での『3歳最強馬』の呼び声高い◎ローズプレステージが、
プリンシパルSにはそのローズプレステージと互角の能力を持つ◎ビンチェロが出走する、
まずは京都新聞杯の◎ローズプレステージだがやっと理想の鞍上に巡り合えたことは大きい、
その鞍上秋山はオークスはベッラレイア、安田記念はピカレスクコートと手駒がいるもののダービーにはお手馬がいない、今最も乗れてるジョッキーだけに「なんとか3週連続東京のGⅠレースに乗りたい」という思いは強いはず、
そこに現れたのがローズプレステージだ、騎手にとっても馬にとっても正に理想のパートナー、器用さに欠けるローズプレステージに京都芝外回りの舞台は理想のステージ、ここをしっかり勝って本番に向かえば東京2400mの舞台はこの馬のために用意された舞台、眠っていた大器がダービーの声と共に目を覚ますよ、
このレースはローズプレステージの勝ち方だけが焦点だろう、
もう一方の雄、プリンシパルS出走のビンチェロもダービーの権利取りに虎視眈々だ、
兄ペールギュントは先週の谷川岳S2着と距離短縮で開花したが弟のビンチェロは父がダンスインザダークに変わり中距離こそ力を発揮できる、
前走快勝の勢いそのままにここは単なる通過点だね、
ここしばらくなりを潜めてた橋口厩舎もダービーを前にいよいよ本気モードになってきた、
ローズプレステージとビンチェロのダービー2頭出しが確実なだけにそのダービーもどちらかが勝つね、
俺はダービーは1着ローズプレステージ2着ビンチェロ3着フサイチホウオーと見てるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »