« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

小倉記念&函館12レースの俺の結論

今日の注目レースは2つ、
サマー2000シリーズの小倉記念と函館12レースだ、
まずは小倉記念のファイナルアンサー
◎サンレイジャスパー
○スウィフトカレント
の2頭軸の3連複で3着総流しの10点買い、
◎サンレイジャスパーは得意の夏場に53キロと初重賞制覇の最大のチャンスだし○スウィフトカレントも去年のサマーチャンピオンの意地がある、
このレースに賭ける意気込みは◎○が抜けてるよ、
人気だがかなり堅い軸だね、
軸は人気だが相手は一筋縄では行かない、
絞って買って抜けるなら総流しして万全を期した方が得策だよ、
この小倉記念で当たったお金は函館12レースの『ニシノマナムスメ』を1着にした馬単を買ってさらに小遣いを増やすことにする、
ダイワスカーレット打倒へ落とせない戦いに挑むニシノマナムスメに注目します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月22日 (日)

函館4レース新馬戦に注目

今日の函館4レース新馬戦でデビューする超大物『スパークキャンドル』の走りに注目が集まる、
単勝1倍台の圧倒的支持を受け、
相手もしりごみしたのか10頭立てと小頭数となった、
先の阪神新馬戦においたキャプテントゥーレとトールポピーが揃って出たレースの出走頭数は15頭、
これはキャプテントゥーレもトールポピーも恐れるに足らずという他陣営の自信の表れだったが今回は10頭立て、
他陣営はスパークキャンドルとの激突を避けたんだね、
今週の追い切るも動いたように走れる状態だ、
ここは単勝1倍台の人気に応えるだろう、
勝ちっぷりに注目のレースだ、
馬券は相手が絞り込めないんで買わないけど馬券以上に注目するレースだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月18日 (水)

歴史的名馬がデビュー

今週の函館で噂の超大物『スパークキャンドル』がいよいよそのベールを脱ぐ、
母はGⅠ11勝を挙げた歴史的名牝セレナズソング、
藤沢調教師が「うちにセレナズソングの子供がいるんだよ」と童心に帰ったかのようなハシャギっぷりを見せた逸材、
師がゾッコンのこの良血馬は同厩舎で福島新馬戦を惨敗したダノンマスターズなんかとはレベルが違う、
鞍上に横典を起用して正に必勝体勢だ、馬体重も470〜480キロと均整が取れてて申し分なし、
ここは「何馬身離して勝つか」だけが焦点だね、皐月賞までの無敗ロードはここから始まる、世界的良血が日本を代表する調教師に育てられどんな活躍を見せるか、
楽しみは尽きないね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月15日 (日)

アイビスSDの俺の結論

昨日の小倉競馬が中止になり明日に順延となった、
対馬特別のルアシェイアは明日狙うとして今日は新潟直千レースのアイビスSDで勝負する、
アイビスSDのファイナルアンサー
◎クーヴェルチュール
○ナカヤマパラダイス
▲スピニングノアール
△サチノスイーティー
△ジョイフルハート
△アイルラヴァゲイン
このレースほど特徴が色濃く出るレースはない、
キーワードは四つ、
★ダートでも走る
★外枠有利
★3歳馬
★休養明けの馬は走らない
特に四つ目は重要なファクターで、やはり休養明けではフルダッシュが効かないのだろう、
この四つのキーワードから導き出した結論が◎クーヴェルチュール○ナカヤマパラダイスだ、前者は3歳牝馬、後者は外枠・ダート実績もあることからほぼこの2頭のマッチレースと言っていいだろう、
馬券は1着◎○2着◎○3着▲△△△の3連単フォーメーションに
1着◎○2着▲△△△3着◎○の3連単フォーメーション、
この16点で勝負です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月14日 (土)

対馬特別の俺の結論

台風が気になるが渋った馬場になるのはルアシェイアにとってはこの上ないプラスだ、
対馬特別のファイナルアンサー
◎ルアシェイア
と、打ってたら今日の小倉競馬は開催中止かよ!
今日は他にこれといってそそるレースもないし、
ルアシェイアが出る代替開催まで待機だな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月12日 (木)

対馬特別の俺の予想

今週から新潟・小倉に開催が変わる、
そして夏競馬恒例『はくぼ競馬』もスタートだ、
夏競馬の楽しみは「新馬戦」はもちろんそうだがクラシック3冠目へ向け既成勢力馬に下克上を叩き付ける『夏の上がり馬』の活躍&発見も楽しみの一つだ、
凱旋門賞に向かうダービー馬のウォッカは秋華賞には出ないので現在3歳牝馬の勢力図は群雄割拠の戦国模様だ、
その混戦から頭一つ抜け出そうとして、この夏に大ブレイクする最大の上がり馬は誰が見ても対馬特別に出走するルアシェイアしかいないだろう、

前走で待望の初勝利を上げ秋華賞に間に合うローテが組めるようになったのは大きい、
秋華賞の出走ボーダーラインは3勝と見てるのでまずこの対馬特別を勝ってらさにもう一つ勝ち星を上積みして秋のローズSでは桜花賞馬のダイワスカーレットを子供扱いする圧巻のパフォーマンスを披露するね、
未勝利脱出から破竹の4連勝で秋華賞にリーチをかけるのはルアシェイアだ、
春先は「こいつの方が強いかも」と気になったシャルマンレーヌと戦えるんでルアシェイアの方が強いという証明をしてくれるだろう、
今週の勝負レースはこの対馬特別、
ルアシェイア1着固定の3連単で勝負です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年7月 8日 (日)

七夕賞の俺の結論

まず阪神5レースの新馬戦だが結果を言えば『ケン』したが正にケンが正解だった、
前述したアーネストリーが快勝しトールポピーがかろうじて2着、キャプテントゥーレにいたっては1秒6も離された8着と見るも無惨な結果となった、
薄々こうなるんじゃないかと危険を感じケンしたのは俺のファインプレー、
俺の馬友よ、ご愁傷様です…
気持ちを切り替えて改めて勝負と行きたいが一発目がコケたため勝負を転がしから普通バージョンに切り替える、
福島と阪神のメインで勝負だ
まずは福島七夕賞のファイナルアンサー
◎ストーミーカフェ
○フォルテベリーニ
▲ヴィータローザ
△ニホンピロキース
△ユメノシルシ
今の福島は外を回る馬が圧倒的有利、
そこで狙いを「馬場のいい所を通れる権利がある逃げ馬」にして◎ストーミーカフェとした、
3歳時は「ディープ世代NO.2」の呼び声が高かった逸材が前走でようやくその力が出せる状態に戻って来たことをアピールした、
今回はその前走より1キロ減、実力馬の完全復活のお膳立ては揃った、
胸のすくような逃走劇を堪能しよう、
○フォルテベリーニも先団から抜け出すタイプで福島の鬼の中館ならストーミーカフェの作るペースをキッチリ読み切ってドンピシャのタイミングでスパートするから馬券は◎○の「行った行った」の決着と見た、
買い目は◎○軸の3連複で▲△△へ流す3点と◎▲から○△△へ流す3点、
さらに○▲から◎△△へ流す3点と都合9点買いとする、

変わって阪神プロキオンSのファイナルアンサー
◎リミットレスビッド○トシザヘネシー
▲ブルーフランカー
△ワキノカイザー
△ボードスウィーパー△ワイルドワンダー

関東馬のワキノカイザーに人気が集中しているがこの馬、こんなに一本カブりになるほどの力はないだろう、
現在の連勝は岩田の手腕が大きい、
今回はエビショーでこれで2馬身のマイナス、2馬身もらえばライバル達が台頭してくる、
その筆頭が◎リミットレスビッド、
ワキノカイザーがいなければ堂々主役を張れる馬、
その実力馬が2番人気に甘んじてるなら買うのは今しかない、
勝ち切るまでは疑問だがユタカなら3着までには持ってくる、
○トシザヘネシーが展開に恵まれるよ、
人気所は揃って後ろから行く馬ばかり、
ブリンカー着用で前に行くこの馬には願ってもない展開だ、前で残るならこれだよ、最大の注目馬が▲ブルーフランカー、今週解散する安達厩舎に最後の一花と意気込む川島の渾身の騎乗に期待するよ、
馬券は◎○軸◎▲軸で印へ流す3連複、
これで勝負です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

今日の勝負レースの結論

今日は3場メインの他魅力あるレースが結構あるんでレースも馬券も厳選して「転がし」で攻めてみようと思う、
まず転がし一発目は阪神5レースの新馬戦だ、
ここには注目の良血2騎がエントリーしてきてた、
ほぼこの2頭の一騎打ちと見ていいだろう、
阪神5レースのファイナルアンサー
◎キャプテントゥーレ
○トールポピー
馬券はこの2頭のワイド1点、
この2頭の首位争いが濃厚なのだが馬単もしくは馬連、いわゆる「ワンツー」となると疑問だ、
第一の理由にこれほどの良血2頭が出走してくるのに15頭立てと頭数が揃ったこと、
関係者にとっては大事な新馬戦だ、負けると分かっていて使う奴はそうはいないだろう、
すなわち「キャプテントゥーレもトールポピーも恐るに足らず」という他陣営の自信の現れとも取れる、
特にアーネストリーは同じ佐々木晶厩舎で福島の七夕賞に出走するサンバレンティンに哲ちゃんを乗せずこっちに起用してきたという気合いの入れようだし、ダノンタイガーも引き続き乗れる保証がない地方の吉田稔を乗せてるってことはこのレースだけは落としたくない一発勝負のやる気を感じる、
ライバル陣は確かに怖く◎○の一騎打ちとは行かないだろうが3着以内には2頭入るだろうという見立てだ、
オッズ次第では回避もあるが余りに◎○がカブり過ぎてワイドの配当が1.6倍を切るようなら迷わず回避だね、
1.6倍以上つき、首尾よく転がった場合として話を先に進める、続きは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

3場メインの俺の結論

福島5レースの2歳新馬戦のダノンマスターズの惨敗はある程度仕方ないことだった、
勝ち負けできる馬には自分が信頼してるジョッキーを乗せるのが藤沢流、しかし今回後藤を起用した時点で勝負度合いは限り無くゼロだったんで今回藤沢師には勝つ気がなかったと推測されるな、
ここを叩いて次は北村か誰かでという青写真なんでしょ、
仕方なしだね、
このレースでやられた借りは3場メインで返す、
まずは函館SSから、北海道&得意の夏場ということからビーナスラインが人気だが去年のこのレースを勝ってから休みナシの使い詰めで来た反動がここで出ても不思議はない、その兆候が前走ならつじつまも合う、
ここは思い切って無印だ、
函館SSのファイナルアンサー
◎アンバージャック
○ブラックバースピン
▲アドマイヤホクト
△アグネスラズベリ
この4頭の3連複BOX4点とする、
オッズを見たら思いのほか高配当なんでビックリしたよ、

続いて福島ラジオNIKKEI賞、
この時期の3歳戦にハンデはあまり意味はないが「トップハンデは実力の証明」、黙ってイクスキューズに従おう、ラジオNIKKEI賞のファイナルアンサー
◎イクスキューズ
○エミーズスマイル
▲クランエンブレム
△ハイソサエティー
△ゴールドアグリ
△フェザーケープ
△ショウワモダン
△エーシンダードマン
◎○軸に▲以下6頭へ流す3連複6点買いだ、
イクスキューズはデビュー戦がこの福島でその時は7馬身離して楽勝してるし期待大だ、対する○エミーズスマイルも桜花賞の敗因は輸送とハッキリしている、今回放牧先でシッカリ立て直して来たし秘めた能力は間違いなく一級品、ここなら勝ち負けだね、
ラストは阪神米子Sのファイナルアンサー
◎ミスティックエイジ
○インセンティブガイ
▲ホッコーソレソレーの3連複1点!
ミスティックエイジのマイルへの距離延長はプラスだし
忘れた頃の○インセンティブガイの一発は要警戒だし
阪神外回りなら勝機もある▲ホッコーソレソレーの三巴と見たよ、
この3レースで新馬戦のリベンジだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏競馬開幕

宝塚記念が終わり競馬もいよいよ夏競馬に突入、
夏競馬の楽しみの一つに『新馬戦』がある、
未来のダービー馬目指して2歳馬が続々デビューしているが現在のとこ ゛超大物゛と評判で噂に違わぬ勝ちっぷりを見せたのは我がPOG馬『ポルトフィーノ』だけだ、
そして今日また一頭「噂の大物」がデビューする、
その馬の名はダノンマスターズ、
言わずと知れたセレクトセールで2億1千万の値を付けたSクリスエス産駒の牡馬だ、
ラインクラフトの下という血統で大物感は漂うが先のポルトフィーノ級かどうかは疑問である、
負けても3着は外さないだろうから馬券的にはこれほど頼もしい存在はないけど単の頭となると全幅の信頼は置けない、
まず鞍上後藤が大きなマイナスだ、
このレースで藤沢厩舎が特に騎乗依頼をしていた騎手は所属の北村以外では柴田善・エビショー・ウチパクの3人、
後藤なんて聞いてことがない、
これほどの良血なら藤沢厩舎流なら北村かウチパクを乗せるのが普通だ、
事実函館デビューのダノンマスターズ以上の大物『スパークキャンドル』には横典か藤田を乗せる、
それが今回後藤ということは勝負度合いに「?」がつく、
またこのレースの相手も騎手込みで骨っぽい、
前述の柴田善・ウチパク・エビショー・北村らが襲いかかる図式で後藤ではとてもじゃないけど不安だ、
これなら2番人気のショウナンアルバの方が数段頼りになる、
このレースのファイナルアンサー
◎ショウナンアルバ
○ダノンマスターズ
軸で北村・ウチパク・柴田善の3人へ流す3連複3点買い、
ダノンマスターズは勝つかもしれないけど取りこぼしも十分あるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »