« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

超A級馬初陣

今週の阪神新馬戦で期待の超良血馬2頭がデビューする、
言わずと知れた『ファリダット』と『エアメギド』だ、
スケールの大きさは世代トップクラス、
共に母の父がSSでファリダットの父はキングマンボ、エアメギドの父はウォーエンブレムとSS系牝馬と非常に肌が合う配合だ、
この2頭の勝ちっぷりで来年のクラシックの牡馬戦線は大きく動く、
キングマンボ×SS産駒は他に母ダンスパートナーの ゛マンボパートナー゛、
ウォーエンブレム×SSはポップロックの下の ゛プライドエンブレム゛がいる、
この4頭に世界的良血の ゛スパークキャンドル゛がクラシックを引っ張るね、
今年の牡馬はSS系種牡馬の不振の年です、
ファリダットとエアメギド、今週はこの2頭に藤沢厩舎のスパークキャンドル・エールドクラージュの走りにも注目しないとダメだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

今週は藤沢祭り!

今週から舞台は東は中山、西は阪神に変わるそして今週のメインは2歳牝馬女王決定戦の『阪神JF』、
このレースはもちろん注目だけど俺の注目は「藤沢厩舎の2歳馬」、
まず中山初日の2歳特別戦 ゛葉牡丹賞゛に出走する『歴史的名馬』になる可能性が十分ある『スパークキャンドル』がエントリー、
東京の未勝利戦を快勝した後中山開催まで待機、このレースに照準を絞ってきた、世界的良血で走るのはごく当たり前なのだが新馬・二戦目と子供さが出て惜敗した、そんな状態なのに前走を快勝、いよいよ軌道に乗って来たね、ここは軽く勝って2勝目を挙げ来年の京成杯で初重賞制覇となってクラシックに乗せてくるだろう、
もう一頭は抽選対象だが出れば勝ち負けになること間違いないエールドクラージュが阪神JFにスタンバイ、前走で押さえを効かせて勝ったことが大収穫、勇躍阪神JFに登録したよ、
万が一の除外を考慮して阪神土曜の千両賞にも登録してるけど2歳女王になるのと500万を勝つのとでは違うんで俺は阪神JFに出て欲しいね、

今週はエールドクラージュ・スパークキャンドルの『藤沢祭り』を堪能します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

JCの俺の結論

昨日のJCダートを的中させた勢いに乗って今日のJCもキッチリ取りたい、
JCのファイナルアンサー
◎インティライミ
○メイショウサムソン
▲ポップロック
★チョウサン
△ペイパルブル
△アルティストロワイヤル
△ウォッカ
△アドマイヤムーン
△ドリームパスポート

今年のダービー馬のウォッカ、去年のダービー馬のメイショウサムソン、そして一昨年のダービー2着馬のインティライミ、
このインティライミのダービーだが勝ったのがディープインパクトでは相手が悪かった、しかし走破時計を見るとメイショウサムソンやウォッカと遜色ない、つまりこの3頭は実力拮抗というわけだ、ではどこで力の甲乙を付けるか?
それは『成長度』、ウォッカはダービー馬とはいえ相手が弱い、加えて宝塚記念で一流古馬には歯が立たないことを証明した、距離も気持ち長いんで今回は苦戦必至だろう、
メイショウサムソンは一にも二にも天皇賞の勝ちはコスモバルクにもらったもので決して実力ではないということがネックだ、
仮にあの不利が無ければ勝てただろうか?
答えは永遠に謎だが俺は負けてたと思う、
今回は力対力の勝負、天皇賞のような結果は望めないね、
そして◎インティライミがいい!
9月の朝日CC勝ちから京都大賞典と連勝で完全に本格化した、
父スペシャルウイークが従来の好位抜け出しから差しに脚質を転換して一皮むけたようにこのインティライミも先行脚質から差し脚を生かす競馬に変えてから馬が変わった、
枠もメイショウサムソンの隣りに入ったことでメイショウサムソンを徹底マークできるのも有利だ、
それより何より佐々木晶三調教師と佐藤哲三の揺るぎない自信に乗りたい、このコンビがこういう自信を見せる時の信頼度はかなり高いよ、
馬券の買い方だが◎○が人気なため多点張りでは儲けが少ない、
従って初手は◎インティライミ頭の○メイショウサムソン相手の馬単勝負!
通常は裏の○◎も押さえるものだがメイショウサムソン頭の馬単は8倍、馬連だと6倍と全く差はない、ならば馬連を押さえる、
そうすればメイショウサムソンに勝たれても馬連で取れるしインティライミが勝てば馬単馬連Wで取れる、これが大本線、
後は◎インティライミ1着○メイショウサムソンを1・2着の裏表に固定して3着に印の馬に流す3連単フォーメーションも買う、
これで昨日に続く勝利と行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JCダート見事的中!

昨日のJCダートを見事的中させた俺
ヴァーミリアンが勝ったのだから「大穴を取ったぞ」的な自慢にはならないけどヴァーミリアン1着固定の3連単18点買いでズバリ的中は買い目の少なさから十分自慢できるだろう、
俺自身JCダートは全8回中これで2勝目とまあまあの勝率で1勝目の時は的中した勢いからか翌日のJCも射止め土日連続的中の快挙を成し遂げている
今回もそうなれば言うことないよ、
今日も頑張ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

JCダートの俺の結論

今仕事の真っ最中なんで手短に行く、
JCダートのファイナルアンサー
ヴァーミリアン
フィールドルージュ
メイショウトウコン
ドラゴンファイヤー
フリオーソ
サンライズバッカス
馬券は3連単フォーメーション1着ヴァーミリアン固定で2・3着にメイショウトウコン・フィールドルージュ・ドラゴンファイヤーでまず6点、
続きまして1着ヴァーミリアン固定で2・3着にメイショウトウコン・フリオーソ・サンライズバッカスの6点、
さらに1着ヴァーミリアン固定で2・3着にメイショウトウコン・フィールドルージュ・サンライズバッカスの6点で計18点の勝負です、
現場で仕事中に朗報が来るのを期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

素質馬続々デビュー

今週の新馬戦に登場するヴェルザンディを皮切りに牡馬の有力所も続々デビューする、
『ファリダット』『エアメギド』が来週いよいよそのベールを脱ぐ、
夏の札幌開催中に入厩を予定していたが馬インフルエンザの影響で入厩できずここまでデビューが遅れた超大物のファリダット、
キングマンボ×SSという良血で母は言わずと知れたビリーヴ、スケールの大きさでは他の追随を許さない、距離も2000mまでなら問題なく皐月賞とNHKマイルの変則2冠馬は十分狙える馬だよ、
鞍上に武豊を配して必勝態勢でデビューする、
そしてもう一頭ファリダットに負けず劣らずの馬がエアメギド
今年大ブレイクするウォーエンブレム産駒で母の父はSS、
これ以上ない配合にして兄に皐月賞・菊花賞の2冠馬エアシャカール、姉にエアデジャブーがいる超良血、
来年のクラシックの中心的存在になるのは間違いない、
角居厩舎の2年連続ダービー制覇を叶えるのはこの馬かもしれない、
この2頭がデビューする来週はどんなレースよりも注目だよ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月20日 (火)

JCダートの俺の予想

最近の日本競馬はダート戦線の実力も上がってきて今や世界レベルまでとなった、
これに「地の利」が加わるんだから日本馬有利は動かないっしょ、
今日現在のJCダートの俺の予想は
◎ヴァーミリアン
○サンライズバッカス
▲メイショウトウコン
△ドラゴンファイャー
しかしこの予想では大して儲からないんで買うなら1〜2点買いまでだね、
外国馬はいらないと思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JCの俺の予想

今週は東京競馬場で.土日にGⅠがある、
外国馬が出るレースは『アテモノ』的レースなんで今週はイマイチ乗り気じゃないな、
出走馬を見渡した感じで今日現在の俺の予想は
◎ポップロック
○メイショウサムソン
▲ローゼンクロイツ
△ディラントーマス
△ペイパルブル
このレースはメイショウサムソンの2走ボケがあるかないか?
これを見抜くのが鍵だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

桜花賞に名乗り

昨日の「東京3レース2歳未勝利戦」を鮮やかに快勝した『エールドクラージュ』が桜花賞へ堂々名乗りを上げた、
今回は前走余りの行きっぷりに持ってかれて最後出し抜かれた教訓を生かし道中は中団をキープ、直線鮮やかに抜け出して完勝、兄ウインラディウスを彷彿させる切れ味だった、驚くべきはあれでまだまだ馬が子供だということ、真面目に走り過ぎるゆえにどうしても行きたがる、鞍上田中勝春が懸命になだめたもののもうちょい「抜いて」走れれば牝馬離れした雄大な馬体も後押しして今後一線級としてやれるだろう、
デビュー戦を圧勝した『ポルトフィーノ』、今週デビューするディープインパクトの妹『ヴェルザンディ』、
まだデビューしてないがダイワメジャー・ダイワスカーレットの妹『ブーケフラグランス』の牝馬3強に肉薄できる存在なのは間違いない、
いや、ひょっとするとロンドンブリッジの子『ダイワスピリット』も入れた ゛牝馬5強゛の戦国模様になることすらあるかもしれない、
エールドクラージュのこの快勝で桜花賞戦線が益々面白くなってきたよ、
次走は年内もう一走か来年のクイーンCかあるいは阪神JFに登録するのか?動向に注目します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月18日 (日)

マイルCSの俺の結論

このレース人気の中心となってるのは秋の天皇賞組、
あのレースは大きな不利があっての物で着順は参考外だしあの不利の影響も懸念せねばなるまい、
俺は天皇賞2・3着馬の実力はダイワメジャーより劣ってると思う、しかしそのダイワメジャーも不利を受けた精神的肉体的な不安は拭い切れない、
天皇賞組は軽視する、
マイルCSのファイナルアンサー
◎フサイチリシャール
○スーパーホーネット
◎○の朝日杯FS・スワンSに次いで3度目のワンツーと見て◎○のワイド1点で勝負です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

注目馬が目白押し

今週は素質馬、期待馬が目白押しに出走してくる、
日曜東京競馬3レース2歳未勝利戦の ゛エールドクラージュ゛
宝ケ池特別の ゛ビンチェロ゛、
古都Sの ゛ローズプレステージ゛の3頭だ、
まずはエールドクラージュ、新馬戦は恵まれた馬体をまだ持て余した感じで負けるも前走は横綱相撲で勝ちパターンに持ち込んだ所を足下をすくわれた2着、キッチリ変わり身を見せるあたりさすが評判馬だ、そしてデビュー3戦目の今回は勝ち方が要求される立場になり3馬身は離して勝つ、ここを勝ったら年明けのクイーンCを勝って桜花賞のローテで行くんで『ポルトフィーノ・ヴェルザンディ・ブーケフラグランス』の桜花賞3強に待ったをかける存在になるでしょ、ここは楽勝だね、

そして日曜京都9レース宝ケ池特別の ゛ビンチェロ゛も来年に向け飛躍となるこのレースは落とせない、
兄ペールギュントがマイル路線からスプリント路線に変更して大変身したように今までマイルでチョイ足らずのレースを繰り返してきたビンチェロも距離短縮は切れ味を生かすのに好材料だ、勝つだろうけど取りこぼしもあるかもしれない、しかし複勝圏内には入って来るから軸にするなら鉄板だよ、

そして日曜京都10レースの古都Sに来年の春の天皇賞馬となる『現3歳最強馬』の ゛ローズプレステージ゛が確勝を期して出走してくる、
力はすでにGⅠ級ゆえここまで相手が落ちれば「弱い者イジメ」になってしまうが来年の足掛かりとして思いっ切りブッ千切るだろう、
とにかく京都は鬼のように走る、気性も徐々に大人になり欠点がなくなって来た、
ここを勝って年明けの日経新春杯も楽勝して苦手な阪神の阪神大賞典は負けるも春の天皇賞はメイショウサムソン・アサクサキングス・アルナスラインらを子供扱いして勝つね、「希代の京都の鬼」として歴史に名前を刻むよ、

今週はマイルCSもあるが俺はこの3レースの方があらゆる面で面白いと思うんでこの3レースで勝負します。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年11月15日 (木)

ニシノマナムスメ愛知杯出走

現在ニシノマナムスメ・ダイワスカーレット・ウォッカの『3歳牝馬3強』の一角に甘んじてるニシノマナムスメが『1強』へ向け12月15日の愛知杯に出走する、
出てれば恐らく勝ってた秋華賞を除外されて現在その鬱憤を晴らすかのような3連勝中、
来年のヴィクトリアマイルで雌雄を決するダイワスカーレットとの完全決着に照準を合わせたローテーションでまずは重賞制覇を狙う、
前走のユートピアS快勝で東京コースを経験したことは大きなアドバンテージ、
今回の愛知杯も左回りの中京ということでヴィクトリアマイルへ向けより盤石の態勢を敷こうということだ、
良血ということならダイワスカーレット以上のニシノマナムスメ、その良血の血が目覚めたとあらばここも通過点だ、
この後は年明けの京都金杯から京都牝馬Sを挟んでヴィクトリアマイルに向かうと思うがそこまでは無傷の6連勝で駆け上がる、
ダイワスカーレットに引導を渡すため連勝街道はしばらく続きそうだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

エリザベス女王杯の俺の結論

今朝10時に買い目が決まり「さあ投票しよう」と思ったらウォッカの出走取り消し…、俺はウォッカはいらないと踏んでただけにウォッカの取り消しは痛すぎたよ、
予想を一からやり直してようやく出てエリザベス女王杯のファイナルアンサー
◎ローブデコルテ
○ダイワスカーレット
▲スプリングドリュー
△ディアチャンス
△アドマイヤキッス
△デアリングハート
△フサイチパンドラ
△アサヒライジング
△ディアデラノビア △スイープトウショウ

俺はもう『今年の3歳牝馬は強い』と決め付けて攻めるよ、
そして予想スタンスは「ダイワスカーレットは何かに負けて2着」と思ってる、
ウォッカがいた時はその「何か」は古馬牝馬を狙ってたけどウォッカが出なくて世間が古馬牝馬に狙いを変えたならあえて今年のオークス馬を狙い打つ、
ここでローブデコルテが勝ったら最優秀3歳牝馬の争いは三巴の様相を呈する、
オークス勝ちがダイワスカーレット・ウォッカがいないレースでのものなんでイマイチ評価が低いローブデコルテだがここでダイワスカーレットや古馬を負かしてGⅠ2勝目を挙げれば立場は一気に逆転する、
こうするためにもローブデコルテには勝ってもらって3歳牝馬の争いを盛り上げてもらいたいな、
ローブデコルテには差されるがキッチリ2着は外さないのが○ダイワスカーレットの堅実なとこ、
「逃げイチ」で展開は絶好、言う事ナシです、
一発あるなら▲スプリングドリューっしょ!
出走馬中唯一の7歳馬で狙いにくいが3歳馬のワンツーで3着に7歳馬っていうパターンはおおいにあるよ、
この◎○▲の順の3連単をブ厚く買って以下印に流す3連単で勝負です、
ウォッカ回避でも3歳は強いというのを証明してもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年11月 4日 (日)

アルゼンチン共和国杯の俺の予想

今週は週中、大井で行われたJBCスプリントとクラシックで叩きのめされたんで馬券も少額で大人しくするが予想は真剣そのもので行く、
京都の2歳牝馬戦には目もくれず東京メインに全力だ、
アルゼンチン共和国杯のファイナルアンサー
◎チェストウイング
○ダンスアジョイ
▲ダークメッセージ
△コスモプロデュース△ネヴァブション
△リキアイサイレンス
△トウショウナイト
△ヤマニンアラバスタ
△ハイアーゲーム
△アドマイヤジュピタ
これで行く、◎チェストウイングには叩いた上積み・斤量54キロ・得意の東京・乗れてる吉田隼人と勝つ条件が揃った感じ、
6歳にして初重賞制覇のチャンス到来だね、
今年の秋一番の上がり馬になる可能性大なのが○ダンスアジョイ、こちらは馬の初重賞制覇に加え新進気鋭の松永幹夫調教師にも初重賞制覇の期待もかかる、
溜めれば必ず切れる末脚が武器の同馬に直線の長い東京はもってこい、ハンデも手頃だし勝ってJCか有馬かってなれば面白い存在になるよ、
▲ダークメッセージも侮れない、春の天皇賞は4馬身差の8着とメイショウサムソンらと遜色ない競馬をしておりここにきて父ダンスインザダークの奥手の血が目覚めたか、
ハンデは見込まれたがそれも実力の証明、哲っちゃんが乗りに来たのも勝ち負けを意識すればこそ、
勝負がかりと見るのが妥当だ、
馬券は◎○・◎▲・○▲の3本軸から印に流す8×3の24点買い、
大人しく1点100円2400円で勝負します。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年11月 3日 (土)

さすが天才

2007110300000001kibahorseview000 武豊騎手、JRA史上初の通算3000勝達成

3日、京都競馬場で行われた1R・2歳未勝利(ダート1400m)でスカイビューティー(牡2、栗東・本田優厩舎)が優勝。29日の天皇賞・秋(GI)をメイショウサムソンで制し、JRA通算勝利数を2999としていた武豊騎手(38、栗東・フリー)は、デビューから20年8か月、14288回目の騎乗でJRA通算3000勝を達成した。
これまでにJRA重賞はGI・59勝を含む248勝を挙げている。3日1R終了時点のJRA通算成績は14288戦3000勝、地方614戦131勝、海外104勝。

【コメント】
「こんなにあっさりしてすいません(笑)。この馬は初めて乗りますが、よく頑張ってくれました。先週あと1つとなり、今日は絶対に決めたいと思っていましたので、1Rで勝てて良かったです。今まで応援していただき、本当にありがとうございます」

先週の天皇賞で俺はユタカを蹴飛ばして勝負してエライ目にあった、
その天皇賞で通算2999勝としてそして今週土曜の1レースでアッサリ3000勝を達成させるあたりやっぱこいつは天才だよ、
俺がユタカと出合ったのは12年前、六本木のクラブで飲んでたら偶然ユタカが来て俺が「あの~武豊さんですよね? 俺大ファンなんです、握手してもらっていいですか?」って聞いたらユタカが「武豊さんじゃなくて『ユタリン』って呼んでいいよ」と言って写真からサインまでしてくれたのが最初です、
俺も負けじと「馬券の天才」にならなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年11月 2日 (金)

正に正念場

今週日曜、東京競馬第2レース2歳未勝利芝1600戦に『エールドクラージュ』が出走する、
藤沢厩舎の牝馬で兄は東京マイルを最も得意としてたウインラディウス、兄に続いてこの東京マイルで初勝利を飾ってほしい、
新馬戦は恵まれた馬体を持て余してサブジェクト以下に不覚を取ったが以後入念に乗り込まれこの東京開催まで待った、
切れ味が生きるこの舞台なら今度は能力を発揮できるだろう、
今年の2歳牝馬の俺の格付けは東西の横綱にポルトフィーノ・ヴェルザンディ
大関にブーケフラグランス・ダイワスピリット関脇にミゼリコルデとこのエールドクラージュと見てるんで「打倒ポルトフィーノ・ヴェルザンディ」へ是非完勝してもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »