« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月23日 (日)

有馬記念の俺の結論

さあ泣いても笑っても今日で今年の中央競馬も千秋楽、
天気はあいにくの雨だが馬券を的中させて晴れ晴れとした気持ちになりたい、
有馬記念のファイナルアンサー
◎メイショウサムソン
○ウォッカ
▲ポップロック
△ドリームパスポート
△ダイワメジャー
△ロックドゥカンブ
△ダイワスカーレット
★コスモバルク

今年の俺の有馬記念は◎メイショウサムソンと心中することに決めました、
雨も問題ないし地力もメンバー中屈指だし逆襲に燃える武豊も心強い、今年最後の本命に相応しい馬だ、馬券は当然メイショウサムソン1着固定だ、
この最強馬に肉薄するのが○ウォッカ、雨で内が荒れるなら大外枠はむしろ有利だし前に壁がない分楽に好位にとりつける、 少なくてもJCみたいな極端な競馬はしないはずだ、激化する先行勢を見ながら溜めに溜めた末脚を爆発させるだろう、 ○ウォッカも2着固定だ、
馬券は1着メイショウサムソン2着ウォッカ固定の3連単で相手に▲△△△△★の6点買い、人気馬が3コーナーから消耗戦になるのは見えてるんで波乱が起きるとしたらしぶとい野武士みたいなタイプの馬、そういった意味で★コスモバルクに一発の魅力を感じるな、
これで今年を締めくくりたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

有馬記念の俺の予想

昨年のディープインパクト一色だった有馬とは違う意味で見所満載の今年の有馬記念、
次代を担う馬、去り行く馬、それぞれいるがそれぞれ全力を出し切って欲しい、
今日現在の俺の予想は
◎メイショウサムソン
○ウォッカ
▲ロックドゥカンブ
現4歳馬は強い、宝塚・JCを勝ったアドマイヤムーン 、天皇賞春秋連覇を決めたメイショウサムソン、この2頭で中距離古馬G1を総ナメしてるんだからレベルの高さは言うまでもないだろう、
中でも◎メイショウサムソン、世代トップクラスで距離延長、小回りを立ち回れる器用さを兼ね備えてる、
JCの借りを武豊がキッチリ返すと俺は確信してるよ、

○は今年のダービー馬のウォッカ、
初の古馬との対戦だった宝塚記念は見せ場もなく惨敗し、秋華賞ではダイワスカーレットに後塵を拝しJCでは一瞬突き抜けるかのような末脚で4着とダービー以降は歯車が噛み合わなかったが秋華賞・JCと来て今回叩き3戦目で状態はダービーを勝った頃に戻った、
古馬との対戦も今回で3度目、
鬼の末脚が今回は炸裂するよ、
▲ロックドゥカンブの最大の魅力は『世界のマイケル・キネーン鞍上』だ、
馬も南半球生まれで斤量面の恩恵もある、 今年の3歳世代は牝馬が強いが牡馬のトップクラスが同斤の53キロなら牝馬には負けてられない、
人気馬だが消し材料は何もない、好勝負必至だ、

今年の有馬は堅く収まる力と力の勝負だと見てます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月17日 (月)

俺はサムソン

ディープインパクトがラストランで衝撃を与えてから早1年。今年は7頭のGIウイナーで計18冠と、まさに超豪華メンバーによる混戦グランプリとなりそうだ。

Photo

いよいよ今年の大一番有馬記念である、俺の本命は メイショウサムソンで揺るがない
後は相手だけを絞り込めば有馬は取れる、
今週は相手探しの全勢力を注ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

愛知杯の俺の結論

今日は中京で来春のヴィクトリアマイルに向けたステップレース的存在の愛知杯がある、暮れのローカル重賞のハンデ戦とは思えないG1好走馬も名を連ね、このレースが持つ意味は大きい、
「実績馬か上がり馬か」どちらを狙うかが焦点だね、
愛知杯のファイナルアンサー
◎ニシノマナムスメ
○ランペイア
▲マイネカンナ
△ヤマニンアラバスタ
△トップセラー
△アドマイヤキッス
△ディアデラノビア
△シェルズレイ

このメンバーで唯一「上がり馬にして実績馬」なのが◎ニシノマナムスメ、 この春はウォッカと際どいレースをしている3歳牝馬のトップクラスだ、その春は精神的肉体的にもまだ子供で末脚不発など不安定なレースをしていたが夏を境に心身共に成長し馬に身が入った、
それを証明するがごとく現在破竹の3連勝中、
左回り・平坦コース共に経験しており初コースの不安も皆無、斤量にも恵まれた、ハッキリ言ってここは通過点だ、勝って来年に繋げて欲しい、
当面のライバルは同じアグネスタキオン産駒の2頭、
○ランペイアは前走1階級飛ばしでOPに挑戦し0秒4差まで詰め寄って来て軽量なら通用する末脚を見せた、今回はさらに2階級飛ばしの重賞挑戦だが自信が無ければ出て来ないし同厩舎の△シェルズレイが飛ばす展開もこの馬にはハマるんで末脚炸裂と見た、10戦5連対と安定しており中京も勝っている、 自信の格上挑戦と見る、
そのランペイアと差のない競馬をしたマイネカンナが▲、
東京コースで2勝してるように左回りはプラスでこちらも強気な格上挑戦、
アドマイヤキッスやディアデラノビアと7キロ差あれば面白い、
吉田豊に50キロは減量がキツイにも関わらず中京まで来たのも不気味だ、
◎○▲3頭の3歳アグネスタキオン産駒トリオに期待する、
以下古馬の実績馬に注意する、
馬券は◎ニシノマナムスメ○ランペイア、◎ニシノマナムスメ▲マイネカンナのワイドが本線、
後は配当次第で◎○軸の3連複流しも考えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

確勝の2戦目

ダイワメジャー・ダイワスカーレットの妹の 『ブーケフラグランス』が日曜阪神2歳未勝利戦に出走する、
当初は先週デビューの予定だったが気合いが乗って来たこと、仕上がってたことなどを考慮してデビューを一週間早めたがこれが凶と出た、
同じレースには「キングマンボの最高傑作」との呼び声高い『ファリダット』がいた、
来年皐月賞とNHKマイルの変則2冠馬になる馬が相手ではさすがにキツく3馬身離されたがキッチリ2着を確保したあたり秘めたポテンシャルの高さを存分にアピールした走りだった、
今週の追い切りでは有馬記念の有力馬ウォッカと互角の動きを見せており今回はその能力を発揮するだろう、
ブーケフラグランスを管理するのは角居厩舎、同門にはエルフィンSで戦列に復帰する女帝エアグルーヴの娘『ポルトフィーノ』がいる、
同厩舎にいる最大のライバルに近付くためにもここは楽勝しなきゃいけない立場だ、
阪神JF組はもはや敵ではなく前出ポルトフィーノやディープインパクトの妹ヴェルザンディ、
名門藤沢厩舎のエールドクラージュ、
まだ神秘のベールに包まれてるダイワスピリットなどが来年のクラシックを引っ張るだろう、
その一角を担うのがこのブーケフラグランス、
姉のダイワスカーレットはライバル不在のG1勝ちが目立つが今年の2歳牝馬はレベルが高くブーケフラグランスにとって厳しい戦いが待っているだろう、しかしその強敵を破らなければ栄光は手に入らない、
来たるべく決戦へ、まずは今回圧勝してもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たなる伝説へ

スパークキャンドルがダートで新境地を開く、
藤沢調教師に900勝目のメモリアルをプレゼントした世界的良血 『スパークキャンドル』が明日中山7レースのダート戦で新境地を開く、
まだ精神的に子供で体質的にも弱い所があるんで芝路線から一旦ダートに移すがこれが転機となる可能性は大いにある、
ダートで隠された能力が引き出されれば来年また芝に戻ってクラシック戦線に名乗りを上げるだろう、
鞍上も信頼度抜群のミルコ・デムーロ、
世界的良血馬の2勝目は確実だ、
俺が早くから目を掛けてた逸材の勝ちっぷりに注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

さあ有馬へ!

ハイアーゲームが順調なら有馬記念へ参戦する、
実に3歳時の青葉賞勝ち以来の3年半ぶりの重賞勝ち、
しかも右回りを克服してのものだけに今回の鳴尾記念勝ちは勝ちがある、
もともと3歳時にはキングカメハメハ・ハーツクライと互角の戦いをしてた実力派、
その実力が3年の時を経て復活したとあらば今年のメンバーならやれる、
こういう時は間隔を開けずにバンバン使った方がいいしキングカメハメハ級の脚で若い世代をねじ伏せる可能性は大だ、
6歳のベテラン、ハイアーゲームが有馬記念を面白くするよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知杯の俺の確信

今週はG1レースはお休み、しかしその穴を埋めるべく今週は東西で3重賞が組まれてる豪華版だ、俺はこの中で愛知杯をチョイスし全力を注ぐ、
今日現在の俺の確信にも似た予想は
◎ニシノマナムスメ
○アドマイヤキッス
▲クラウンプリンセス
◎ニシノマナムスメは目下3連勝と今最も勢いに乗る1頭で来年の春に行われるヴィクトリアマイルの最有力候補だ、
現在3歳牝馬はニシノマナムスメ・ウォッカ・ダイワスカーレットの『3歳3強』の様相を呈している、
多分来年のヴィクトリアマイルでこの3頭は3強そのままの下馬評で激突するだろう、
そこに行くためにもこのレースは落とせない所だ、
ダイワスカーレットがエリザベス女王杯で子供扱いした古馬が当面のライバルだがエリザベス女王杯はウォッカの直前の回避によりダイワスカーレットの優勢がほぼ決まっていた、
加えてアドマイヤキッスやディアデラノビアは距離に不安がありその点で結果負けたが負けたにしても不得手の距離でダイワスカーレットと差のない競馬をしている、
今回は両馬にプラスな距離短縮の2000m戦、
もしエリザベス女王杯がこの距離だったらダイワスカーレットは勝てただろうか?
惨敗はしないだろうが接戦になっていたのは間違いない、
つまり今回ニシノマナムスメが相手にするメンバーはダイワスカーレットがエリザベス女王杯で相手をした古馬より数段強いと言えレベルも当然上になる、
だからこそこの高いレベルのライバルを一蹴して来年に繋げて欲しい、
前走を東京コースで走って今回も中京と左回りで照準を完全にヴィクトリアマイルに絞っておりこのレースを制する意味は大きい、
破竹の4連勝を決めウォッカ・ダイワスカーレットに引導を渡してもらいたいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年12月 9日 (日)

朝日杯FSの俺の結論

昨日の阪神のエリカ賞やラジオNIKKEI賞、去年ビンチェロ・ダイワスカーレット・アドマイヤオーラが激突した中京2歳Sなどの方がレベルが高く、この朝日杯に出て来る馬は将来に希望がない低レベル同士の争いなんで阪神JF同様今強い馬を狙うのが得策だよ、
朝日杯FSのファイナルアンサー
◎エーシンフォワード
○アポロドルチェ

今回俺は真面目に全馬の走りをくまなくチェックした、
結果エーシンフォワードとアポロドルチェが抜けた力だと確信したよ、
特に◎エーシンフォワードは好位にスッとつけられるレースセンスが抜群で同型の馬達の中では信頼度がかなり高い、
前走後朝日杯直行を進言した福永の直感が功を奏して馬はこの中間抜群の動きを披露してる、
奇しくも今日は福永のバースデー、このレース「騎乗機会4連勝」を達成して自らハッピーバースデーとなるよ、
○アポロドルチェも目下の勢いでここは来るでしょ、
人気を分けあってるスズジュピターの主戦も後藤、その後藤は1・2人気馬からアポロドルチェを選択したのだからスズジュピターには負けるまい、
かなりの強敵だね、馬券は◎エーシンフォワード○アポロドルチェの馬連及びワイドの1点買い!
3連単や3連複で資金をパラつかせるなら1点買いの方が賢い買い方だ、
この朝日杯来週の愛知杯、そして有馬記念まで無事に勝てれば言うことありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 6日 (木)

ルアシェイア復帰

俺が大好きだったファレノプシスの初子で父フジキセキの3歳牝馬『ルアシェイア』が戦列に戻って来る、
母の良さが出るかと思いきやフジキセが濃く出たのかルアシェイアの初勝利はダート戦だった、
初勝利後一戦して休養に入ってたけどこの師走競馬で戦列に復帰、母のファレノプシスはもちろんビワハヤヒデも管理してた浜田調教師もこのファレノプシスの初子には相当期待していてたけど案外な走りにヤキモキしていた、
それが休養を取ったことで逞しく成長し、ようやく良血馬らしい走りになってきたね、
復帰戦に選んだ中京ダートも何ら問題はなくいきなりでもエンジン全開な走りを披露してくれるだろう、
「名馬は名牝の子から」ルアシェイアが充実の4歳を迎える来年の前に3歳ラストランを勝利で飾るだろうね、
ここからフェブラリーSまでノンストップで掛け上がって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

打倒ポルトフィーノへ

来年の牝馬クラシックの主役『ポルトフィーノ』に肉薄するもう一頭の主役がいよいよベールを脱ぐ、
その馬の名は『ヴェルザンディ』!
言わずと知れたディープインパクトの妹だ、
ディープインパクトは例外もウインドインハーヘアの子は切れる末脚が武器なだけに牝馬の方がより切れ味が遺伝しやすい、
もちろんヴェルザンディにもその切れ味が装着されており父がアグネスタキオンで3歳までは抜けた力を誇示するだろう、
ポルトフィーノの一強では面白くない、
ヴェルザンディが今週脅威のパフォーマンスで周囲の度肝を抜くことだろう、
桜花賞で対決するポルトフィーノ戦まで無敗で勝ち上がって来て欲しい怪物二世の初戦に注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 4日 (火)

朝日杯FSの第一印象

今週は2歳チャンピオン決定戦の朝日杯FSがある
先週阪神JFは2歳牝馬のトップクラスが不在でGⅠとはとても言えない低レベルのレースだったが今週の朝日杯も ゛ファリダット゛゛プライドエンブレム゛゛マンボパートナー゛゛エアメギド゛゛スパークキャンドル゛ら「来年のクラシックの主役を張る」トップクラスの馬が不在の実に低レベルなメンバーとなった
先週の阪神JFに確実に出れた牝馬のフォーチュンワードがこのレースにエントリーしてるのが牡馬のレベルの低さを物語る、
来年に目がないメンバーの戦いなんで現時点で強い馬を軸にするのが基本だね、
今日現在の俺の予想は
サブジェクト
ヤマニンキングリー
フォーチュンワード
サブジェクトがデビュー戦で負かした相手は年明けのクイーンCを勝ち桜花賞の伏兵に名を連ねるエールドクラージュ
もちろん今エールドクラージュと再戦すればサブジェクトに勝ち目はない
しかし今回のメンバーを見渡してエールドクラージュ級がいるかとなると残念ながら見当たらない、
エールドクラージュより弱い牡馬が相手ならサブジェクトで十分足りるよ、
鞍上のアンカツもこの馬でクラシックとは思ってないからここは目イチで勝ちに来るし軸ならかなり堅いな、
今回人気のキャプテントゥーレをモノサシにすると○ヤマニンキングリーの強さが際立つ
キャプテントゥーレは一度阪神JF馬のトールポピーと対決してトールポピーに完敗している、そのトールポピーに完勝したのが○ヤマニンキングリー、
つまり「キャプテントゥーレはトールポピーより弱くヤマニンキングリーはトールポピーより強い」という図式ができキャプテントゥーレとヤマニンキングリーの力差は相当開きがある、
さらにヤマニンキングリーの鞍上はキャプテントゥーレの前主戦だった武豊、
ユタカはまだこのレースを勝っておらずこのレースの勝ちには人一倍こだわってる、
ユタカのコンピューターは「キャプテントゥーレを差せば勝てる」と答えを出してるしヤマニンキングリーにはそれを差せる脚がある、
恰好の目標となるキャプテントゥーレ目掛けて◎サブジェクトとの猛烈な末脚バトルを繰り広げるね、
ユタカマジックを堪能したい、
▲はやはり阪神JFを使わずこちらに回ってきたフォーチュンワードを押さえないわけにはいかないだろう、
輸送に弱い体質で遠征しなかったのか朝日杯でも勝負になると踏んだのか、
真実はどちらでも構わないけど勝ち負けにならないなら使わないと思う、
ここで好勝負すれば阪神JF組よりは来年の楽しみはあるよ、
今日現在は人気のアポロドルチェ・キャプテントゥーレは軽視します

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 3日 (月)

無難なデビュー

阪神日曜新馬戦でデビューした兄にエアシャカール姉にエアデジャブーがいる超良血馬のエアメギド、
管理する角居調教師も「ここを叩いてから」と言ってた通り初戦は道中最後方から直線脚を伸ばす競馬で10着と十分及第点を与えられる走りを見せた、大事なデビュー戦を「叩き台」として使う角居調教師の判断も大してものだがエアメギドも次走に変わり身を感じさせる走りで良血馬らしさを見せたのはさすがだ、
俺が見た感じではこの馬、間違いなくクラシックに乗ってくるよ、
前日新馬戦を完勝したファリダットといいライバル関係になるね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ファリダット完勝

土曜阪神新馬戦で衝撃が走った!
父キングマンボ、そして母ビリーヴの超良血馬のファリダットがデビュー戦を完勝した、
後に桜花賞2着になるブーケフラグランスを実に3馬身突き放す力強い内容、しかも武豊の手綱はピクリとも動かない持ったままでの勝利、
幾多の名馬の手綱を握ったユタカをして「乗っていて楽しかった」と言わしめた逸材に早くも皐月賞馬誕生との声も上がっている、
次走は年明けの福寿草特別を予定、
新馬の走りを見ると2000mも大丈夫で来年が実に楽しみになった、皐月賞とNHKマイルの変則2冠馬へ無事に行けば当確ランプ点灯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

阪神JFの俺の結論

2歳女王決定戦である
このレースの勝ち馬はここ10年、来年のクラシックまでその威厳を保ったのはテイエムオーシャンと去年のウォッカの2頭しかいない、
しかもテイエムオーシャンの2着はダイワメジャーやブーケフラグランスの姉のダイワルージュ、
ウォッカの2着はアストンマーチャンと勝ち馬が翌年も活躍すれば2着馬も走るという実にレベルが高いレースとなっているのが特徴だ、その他の勝ち馬は一発屋という感じでその後尻すぼみになっている、
つまりこの時期にして世代トップクラスが出てくれば来年を見据えた予想もできようが今回、゛ポルトフィーノ゛・゛ヴェルザンディ゛・゛ブーケフラグランス゛・゛ダイワスピリット゛・゛エールドクラージュ゛という真の『牝馬5強』が不在
今回のこのレースはハッキリ言って来年云々を言えるレベルにはないくらい低い
こういうパターンの時のこのレースは例外なく荒れている
来年に活躍の可能性がない馬同士の争いなんで当然といえば当然だろう、
アグレッシブに行く、阪神JFのファイナルアンサー
ラルケット
エイムアットビップ
オディール
レジネッタ
マイネブリッツ
ヤマカツオーキッド
アロマキャンドル

◎ラルケットの瞬発力は目を見張るものがあり馬群をこじあける勝負根性も光るものがある、横典が騎乗停止になったアクシデントはあったが幸運にもWSJSで来日中のパスキエ騎手を確保できたのはプラスにこそなれマイナスにはならない、外枠ならば包まれる心配もなく兄にクランエンブレムがいる筋の入った血統で父は新種牡馬のファルブラブ、将来性より目先のここを勝つことで種牡馬の価値を上げたいところだ、
穴を開ける関東馬に期待する、
○はこの2歳戦で完全燃焼するエイムアットビップ、今だからこそ通用するハイスピードは3歳になり相手がポルトフィーノやヴェルザンディに変われば通用しない、来年に光明が見えないだけにここが目イチなのは明白だ、
最初の800mまで折り合えば押し切れるよ、
▲オディールもこの一戦を最後に尻すぼみするタイプだ、来年のクラシックはブーケフラグランスで挑むと決めてるアンカツは先のことを考えずオディールを勝たせばいい騎乗をする、自身の年間GⅠ勝利数「7」の偉業に向け渾身のライディングで勝ちに来るよ、
後は池添謙一が袖に振った2頭の馬を注意する
△レジネッタはフレンチデピュティ×SSでマイルに距離が伸びた前走で末脚勝負が板についてきた、
内をすくえる3番枠は願ったり叶ったり、ユタカマジック炸裂を期待する、
△ヤマカツオーキッドはこのレースを制したヤマカツスズランを母に持つ良血、札幌で連勝した頃に状態も戻り内のエイムアットビップを見ながら進められる展開の利もある、
すぐ隣りのトールポピーが下げてくれるんで切れ込みやすいしノーマークの今回は連勝した実力を評価して是非押さえたい、
以下レジネッタと同配合の△アロマキャンドル、
なんとなく川田と手が合いそうな△マイネブリッツまで押さえます、
馬券は◎ラルケット・○エイムアットビップ、 ◎ラルケット・オディール、 ○エイムアットビップ・▲オディールの3本軸で印に流す3連複15点買い、これで勝負です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

ステイヤーズSの俺の結論

時間がないんでいきなりファイナルアンサー
◎トウカイトリック
○チェストウイング
▲アドマイモナーク
△リキアイサイレンス
△メジロトンキニーズ
△ネヴァブション
△エイシンダードマン
馬券は◎○軸、◎▲軸の3連複を5点づつ計10点で、
明日の資金になれば言うことナシです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まず一回転

阪神7レースの新馬戦で「ファリダットとブーケフラグランスのワイド1点」が見事的中したんで二回転目に突入だ、
狙いは中山10レースの葉牡丹賞の『スパークキャンドルの複勝』です、
藤沢厩舎・O.ペリエの黄金コンビ復活で確勝でしょうが万全を期して複勝で転がしを続行します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜競馬の俺の結論

今日は2歳戦で転がし、そして古馬重賞のステイヤーズSの2通りの馬券作戦で行く、
ますまは2歳戦の転がしだが阪神7レース新馬戦の『ファリダット・ブーケフラグランス』のワイド1点、
ここから転がしスタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »