« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月25日 (金)

大物のリタイア

『ヴェルザンディ骨折で春のクラシック絶望』
こんなニュースが昨日流れた、
俺が思う今年の3歳牝馬の番付は
横綱 ポルトフィーノ
大関 ヴェルザンディ
関脇 エールドクラージュ

小結 ダイワスピリット

小結 ブーケフラグランス

だったのに大関がリタイアとは何とも残念でなりません、
『ポルトフィーノの1強』にますます拍車がかかったけどエールドクラージュやダイワスピリット・ブーケフラグランスらも虎視眈々とクラシックを狙ってるので2番手グループは熾烈を極めるね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月21日 (月)

妹も飛んだ!

武豊をして「ニュービギニングよりディープに似てる」とその素質を絶賛したヴェルザンディが先週土曜の京都6レース3歳500万下で評判馬ダノンゴーゴーを寄せ付けない見事な勝ちっぷりで2連勝し桜花賞戦線に乗ってきた、日曜の紅梅Sにも登録したが確勝を期して条件戦に回ったのだが誤算にもこのレースには評判のダノンゴーゴーもいたため実質は紅梅Sよりレベルの高いレースとなってしまったがここでヴェルザンディが非凡な能力を見せつけディープインパクトを彷彿とさせる末脚で完勝、2連勝で桜花賞の有力候補に名乗りを挙げた
主戦の武は3歳牝馬はポルトフィーノで行くことを決めたのかこの日のヴェルザンディの鞍上は藤岡佑介、しかしその藤岡佑介との息もピッタリで相性の良さも見せ藤岡での桜花賞となりそうだ、
この後はトライアルのチューリップ賞を目指すとのことだがここで2歳女王のトールポピーを一蹴してポルトフィーノとの一騎打ちに持ち込みたいところでしょう
今週は ”関東牝馬NO.1”の呼び声高いエールドクラージュが菜の花賞で2勝目を挙げる
ダイワメジャー・ダイワスカーレットの妹のブーケフレグランスもそろそろ初勝利を挙げることだろうし桜花賞の期待馬が続々出てきたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

京成杯の俺の結論

ゴールドストレイン
ランチボックス
ベンチャーナイン
ステルスソニック
マイネルチャールズ
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

名牝ヴェルザンディいざ2勝目へ

今週土曜の自己条件戦に桜花賞の有力候補のヴェルザンディが出走する
デビュー戦は馬インフルエンザ明けで本調子を欠き3着に敗れたものの順調に来た2戦目は力強い末脚でしっかり勝ちをものにした、
その前走からさらに逞しさを増し偉大なる兄ディープインパクトに近付いた来た、紅梅Sにも登録しているがクラシック路線に乗るために確実に勝てる自己条件戦に回るのは賢明な判断だよ、

桜花賞でポルトフィーノと好勝負をするためにもここはキッチリ勝ってくるだろう
いよいよ良血馬が桜花賞に向け動きだしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

福寿草特別の俺の結論

昨日の中山金杯では△を打った3頭の1・2・3着と惜しい内容だっただけに今日は巻き返したい、
狙いは京都9レースの福寿草特別だ、
福寿草特別のファイナルアンサー
◎ファリダット
○ブラックシェル
▲キングスエンブレム
馬券は◎○▲の順の3連単に◎○▲の3連複を押さえ印通りに入れば単複W的中を狙います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

京都金杯の俺の結論

◎キンシャサノキセキ
○リキッドノーツ
▲エイシンデピュティ
★アドマイヤオーラ
△サクラメガワンダー
△クランエンブレム
△ディアデラノビア
馬券は◎○軸の3連複で印へ5点、
◎▲軸の3連複で印へ5点、
◎★軸の3連複で印へ5点、計15点で勝負です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山金杯の俺の結論

◎サイレントプライド
○シルクネクサス
▲トウショウナイト
△エアシェイディ
△アドマイヤフジ
△メイショウレガーロ
馬券は◎○軸の3連複で印の馬に流して4点、◎○▲に△エアシェイディを加えた3連複BOX4点、
計8点で勝負です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

京都金杯の俺の予想

今年の京都金杯は例年より小粒な感が否めない、それはマイルを主戦とする馬の参戦が少ないせいだろう、
このレースは京都外回り1600mというコースに適した馬を狙うのが得策だよね、
今日現在の京都金杯の俺の予想は
◎クランエンブレム
○キンシャサノキセキ
▲エイシンデピュティ
今回◎クランエンブレムに好条件が揃った、
京都は1戦1勝でマイルは折り合いもつけやすい、前走から2キロ減の53キロは他と比較すれば明らかに恵まれた、 ウォッカで悔しい思いをした四位も今年は年男、有馬の悔しさをぶつけるだろう、西に遠征する関東馬は強い、ウォーエンブレム産駒が今年最初の重賞GET成るよ、
○も同じく関東馬のキンシャサノキセキ、
金杯だから「キン」が付く馬名というだけで去年は本命にしてやられたが懲りずに今年も重たい印を打つ、
今回は3回騎乗して2勝3着1回と完全に手の内に入れてる藤田が手綱を握る、
斤量57キロも守備範囲で京都コースも勝っているので問題はない、2着が一回もないという勝つか負けるか両極端なタイプだがハマれば強い、そういう点でも乗り慣れた藤田はいいだろう、
マイル適性を重視して▲エイシンデピュティ、この馬に京都外回りはプラスだろう、複数いるお手馬の中からこれを選択した岩田の選馬眼に乗ってみる、
これら以外にも骨っぽいメンバーがいるがそれらは枠順次第だろう、枠順確定に注目だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山金杯の俺の予想

いよいよ明日2008年の中央競馬が幕を開ける、
新年ショッパナの運試しは東西の金杯だ、

東は2000m西は1600m戦と距離が異なり東西それぞれその距離のスペシャリストが顔を揃え見応えあるレースだ、
まず中山金杯の今日現在の俺の予想は
◎サイレントプライド
○シルクネクサス
▲アドマイヤフジ

金杯の前哨戦とも言える去年暮れの中山ディセンバーSを快勝したのが◎サイレントプライド、
その前走より1キロ背負った57キロだが中山コースは実績もあるし前に付ける脚質からも問題ないだろう、 マツリダゴッホで有馬記念を制し勢いがある国枝厩舎の期待馬でもあり今年はマツリダゴッホ・ピンクカメオとこのサイレントプライドの3枚看板で関東馬の逆襲を担うだろう、
そのGPホース、マツリダゴッホと接戦したシルクネクサスが○、
関西馬ながら中山コースは滅法走る、
使い詰めのローテが気掛かりも冬場を得意としておりその不安は払拭できる、得意コース・季節・斤量減の56キロ・鞍上は年男の松岡と揃った好材料に逆転まで期待する、
▲以降は接戦も今日現在は実績重視でアドマイヤフジとする、
この金杯は特に斤量に恵まれた馬もおらず実力通りの決着になるんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決意も新たに

2007年の競馬を俺の馬券的見地で振り返る、
2007年初の馬券的中となったのは開幕週のガーネットS、これを早速的中、勝ったスリーアベニュー2着のリミットレスビッドのワイドを1点で当て幸先いいスタートを切った、その二週間後のAJCCも人気のインティライミを無印として◎マツリダゴッホ○シルクネクサス△インテレットの3連複72倍をGET、さらに翌週の東京新聞杯も3連複をわずか3点で当て絶好調、
連戦連勝の反動かその後日経賞を当てるまで音沙汰ナシ、しかしこれは連敗の序章にすぎなかった、 クラシックシーズンを全敗し安田記念宝塚記念と春の締めくくりも不発に終わり夏を迎えるまで暗黒時代に突入するも8月の新潟記念で実に5ヶ月ぶりの的中は3連複535倍の大万馬券!
負け分を一気に取り返す、
再び勢いを呼び戻し二週間後のローズS、さらに翌週のオールカマーと連続的中、しかしまたその後連敗を繰り返しJCダートまで負け続けたがそのJCダートの3連単163倍を当てまた息を吹き替えした、終わってみればこれが今年最後の的中レースだった、

2007年俺の的中レースは

① ガーネットS ワイド③―⑦610円的中(1点予想)
② AJCC 3連複③⑤⑦7210円的中(7点予想)
③ 東京新聞杯 3連複②④⑫1720円的中(3点予想)
④ 日経賞 3連複⑤⑩⑪770円的中(1点予想)
⑤ 新潟記念 3連複⑦⑨⑱53580円的中(16点予想)
⑥ ローズS 3連複①⑤⑦470円的中(3点予想)
⑦ 産経賞オールカマー 3連複⑥⑫⑮5330円的中(5点予想)
⑧ JCダート 3連単⑦⑪①16310円的中 (18点予想)

と戦ったレース数62戦を考えれば62戦8勝 勝率1割2分9厘と上々の結果でした、
去年は後10レースは取れてたレースがあっただけに今年はもうちょい最後の詰めを厳しくして更なる的中率UPに努めます、
今年も゛KID゛の神の予想にご期待下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »